ブラックでも即日20万借りる方法

ブラックでも即日20万借りる方法

ブラックでも即日20万借りる方法

ブラックでも20万借りる方法はあるのか?

金融業界では、ブラックという言葉が使われていますが、これは過去に金融事故を起こした人のことを指しています。具体的には、借金の返済で滞納をして、それが3ヶ月以上続いた場合に、金融事故となります。あるいは、滞納をしていなくても、任意整理などの債務整理をした場合にも、金融事故として扱われます。よく誤解がされていますが、過払い金請求をしただけの場合には、なんら信用情報への影響はありません。金融事故を起こすと、信用情報に「異動」という記録が残ります。

この「異動」の記録が残っているということは、過去に金融事故を起こしたということなので、事故を起こした金融機関はもちろん、別の金融機関の審査に申し込みをしたときにも、信用情報が見られて、過去に事故を起こしたということが知られてしまいます。信用情報に「異動」の記録がついた状態で20万を借りることは、かなり難しいと言えます。なぜなら、金融機関からの信用がかなり低下しているからです。3ヶ月以上の長期延滞をしたということは、うっかり支払いを忘れていて3日ほど延滞してしまったというのとはまるで違います。任意整理の手続きをすると、借金を減額してもらいますが、減額してもらった借金は踏み倒すことになります。

金融機関は、このような金融事故を起こした人に20万円ものお金を貸したいとは思いません。10万円くらいならギリギリ可能性はありますが、20万円ともなると、かなり難しいと言えます。しかし、可能性はゼロではありません。なぜなら、金融機関はたった1つの項目で審査に落とすということはあまりないからです。1つくらいマイナスポイントがあっても、他のポイントでプラスとなる要素があるなら、総合的に判断をして審査に通ることがあります。過去に金融事故を起こしたということは、とても大きなマイナスポイントなので、20万円を借りることはかなり難しいですが、それでも他のポイントで挽回できていれば、可能性はあります。

具体的には、金融事故を起こしてから3年以上が経過していて、現在は安定した収入があるケースなどです。年収は高いほどよく、勤務形態は正社員であることが理想です。さらに、勤続年数は1年以上は最低でも必要になるでしょう。銀行は信用情報を重視するので、大手の消費者金融をまずは検討してみましょう。大手で断られたら、次は中小規模の消費者金融をあたってみます。消費者金融では過去の信用情報よりも現在の収入を見る傾向があるので、十分な収入があれば、可能性はあります。

 

信用情報が回復するまでの期間は?

信用情報がブラックになっている人は、消費者金融でも20万円を借りることは難しい状態です。即日で借りるとなると、さらにハードルが上がります。しかし、信用情報がすでに回復しているならば、銀行でも即日で借りられる可能性があります。過去に金融事故を起こしていても、その記録がいつまでも残るわけではありません。3ヶ月以上の延滞をした人の場合、信用情報に「異動」の記録が残るのは、借金を完済してからおよそ5年間です。任意整理をした人なら、和解をしてからおよそ5年間です。個人再生と自己破産の場合には、およそ5年〜10年間記録が残りますが、消費者金融の審査には5年が経過すると影響しなくなることもあります。

個人再生もしくは自己破産をした人が銀行で融資を受ける場合には、10年間影響します。自分が金融事故を起こしてから、どれだけの期間が経過しているのかを考えてみましょう。延滞が原因だったなら、借金を完済してから5年が経過しているなら、信用情報はすでに回復しているので、20万円を借りる方法はたくさんあります。今が4年と半年程度なら、あと半年が経過すれば信用情報は回復するので、それまで20万円を借りることは我慢できないか考えてみましょう。

20万円を借りたい理由が、新しいパソコンを買うためならば、半年我慢して古いパソコンを使い続けることがおすすめです。冠婚葬祭などで、すぐにお金が必要な場合には、なんとかして20万円を調達する必要があります。追い詰められた人は、闇金などの違法な業者を利用してしまう傾向がありますが、闇金は絶対に利用してはいけません。闇金でかかる金利は、消費者金融の50倍以上となっていることもあります。借りてしまったら、とても返せる金額ではなく、家族や職場にまで迷惑がかかってしまうこともあります。

闇金業者はあらゆる手段を使ってお金を回収しに動くので、家族や職場まで巻き添えにされてしまいます。一番良いのは、追い詰められるような状況にならないことです。金融事故を起こしてしまった人は、ローンが利用できないことを理解して、なるべく貯金をしておくことが重要です。貯金もなく、すぐに20万円が必要という状況にある人は、消費者金融に申し込みをしてみましょう。申し込みをするときには、インターネットではなく、電話がおすすめです。冠婚葬祭などの事情がある場合には、事情を説明することで審査で配慮してもらえる可能性があります。